So-net無料ブログ作成

(英語)命令文とは? [だから英語が話せない その傾向と対策]


スポンサードリンク


「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.5 ■
 命令文とは? 


  Clean!     掃除しなさい!
  Don't walk!  歩くな!
  Be quiet!   静かにしなさい!
  Be a good boy! 大人しくしなさい!
---------------------------------------------------

(傾向)
学校や塾、予備校では、命令文を次のように教えている。

「だれかに命令して「~しなさい」という言い方を命令文といいます」
「動詞の原形」を、主語なしで文の頭に置けば、命令文となります」

「~するな」と禁止する言い方も、命令文の一種「禁止の命令文」です
「この場合、Don'tを文頭に置きます」

こ のような説明は、とても無機的で、形式的な説明だと思う。つまり「動詞の原形で始まる」というだけで、またそれが大文字で始まるというだけで、命令文だと 教えるのは、やはり*「日本では英語を知らない人でも英語を教えることができる」ということを明白に表していると思う。

*元々、学校英語を作り上げてきたのは、明治時代からの変則文法です。
つ まり、教えている人間は静止した文の解明だけを考えていると言わざるを得ないということだ。この命令表現を現実に受けたことがない、つまり経験していない 人でも、文の中に「大文字と動詞の原形で始まる文を見つけさえすれば、それを「~しなさい」と日本語に訳す」と教えさえすれば英語を教えることができると いうことだ。

(対策)
さて、今まで述べたことに対して、「あまりの問題とはならないのではないの、命令文は簡単だよ」と言われる方も多いと思う。しかし私は、この命令文のとらえ方、教え方に、「日本人が何年も英語を学んでも簡単な英会話ひとつできない」秘密が隠されていると考える。

ちょっと考えていただきたいが、皆さんが子供だった時のことを思い出してほしい。遠い昔のことで思い出せない人は、自分が親だったときを思い出してほしい。親は子供に命令形でことばを発することが多いのではないだろうか。命令形はことばの最も簡単な形なのです。

 「早く起きなさい」「手を洗いなさい」「顔を洗いなさい」「早くごはんを食べなさい」

このようにして、子供はことばを学んでいく。このことは日本語でも英語でもまったく変わったものではない。

こ の時、子供は親から「命令文は動詞の原形で始まる」教えてもらうのではない。まるで「ネコ」がcatと、「犬」がdogと覚えるように、「早く起きる」と いうことがget up early、「手を洗う」というのがwash your handsだと覚えることになるのだ。

また、 Clean!と言われたら、「掃除する」こと、あるいはClean your room.となっていたら、「ああ自分の部屋を掃除する」ことなんだと学んでいくわけだ。日本の英語教育では、動詞+目的語などと教えているが、彼らはそ うではなく「ひとまとまりの行為」として覚えてしまうということが何より重要なのだ。

私は、「日本の英語教育は命令文で始めるべきだ」と提唱している。
ちょっと話がそれるが、犬にことばを教えるのも命令形だということを知っておいてほしい。

 Sit! お座り!   Stay! 留まれ!   Stop! 止めろ!

「命令文は動詞の原形で始まる」という説明は、「当たり前すぎる」のだ。「なぜ、動詞が原形となっているのか」という本質が理解することが必要だ。

私の提唱するファンクションメソッドでは、この動詞の原形では始まるフレーズを原形動詞フレーズと呼んでいる。

例 えば、「このフォークを使いなさい」という表現は、現実にフォークを使うことではない。「このフォークを使いなさい」と言われたら、そのひとまとまりの行 為(一部始終)を頭に思い浮かべることになり、やはりそのひとまとまりの行為を頭に浮かべて、Yes, I will.などと答えることとなる。これが英語の発想なのだ。

 Use this fork.
 Look at the window.
 Look at that building.
 Try this takoyaki.
 Use a pencil.


 Don't play in this room.
 Don't walk so fast.
 Don't use a pen.

さらにこのことはbe動詞で始まる命令形でもまったく同じことだ。Be quiet!と言われたら、「静かにしていること」、Be a good boy.と言われたら「大人しくすること」などと子供はその状態を頭に思い浮かべる。

現実にその子が「静かであったり」「親切」な場合には、現在形や過去形を使うことになる。

  You are quiet.    
  あなた、静にしてるわね
  You are a good boy.    
  あなた、大人しくしてるね

  You were quiet.   
  あなた、静にしてたわね
  You were a good boy.    
  あなた、大人しくしてたね

このことは、すでに私の著書で述べたが、テレビでレポーターがフィリピンから来た若い女性に「どうして日本に来たの?」と聞いていた。
 
 Why did you come to Japan?

彼女らは声をそろえて次のように答えていた。

(To) be rich.   金持ちになることよ

日本人の何人がこのような表現をとっさにできるのだろうか。言うまでもないが、彼女らはbe richを頭に思い浮かべていたのだ。このとき、彼女らの頭にに「to不定詞の副詞的用法であり、toの後ろに動詞の原形が続き、~ためにという意味である」と認識はない。



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村
スポンサードリンク




ファンクションメソッッド動画
     
     
     


[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド研究会

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。