So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

(英会話)言葉はフレーズ(意味ある単位)で成り立つもの [ファンクションメソッドって何だ!!]


スポンサードリンク


 
●ネイティブの子供が言葉を獲得・蓄積させるプロセス


ネイティブの親や周囲の人たちが,幼い子供に話しかける時,たいてい 2つの手法を使います。

一つは,「寒い?」と上げ調子で問いかけ,「寒い」と子供にオウム返しをさせること。

   Mom: Cold?
  Child: Cold.

も う一つは,もっと直接的に簡潔な表現である命令形を使って,「風邪をひいちゃダメだよ」などという話し方です。

  Mom: Don't get a cold.

こうした手法は,別に英語に限らず日本語でも同じです。

英 会話を学習している人で,Don't get a cold.のような一文を丸暗記することだと勘違いしている人が多い。
でもそれはは間違ってい ます。

それは少なくともネイティブの子供はDon'tというフレーズと,get a coldというフレーズを別々に聞き取って反応するからです。
彼らは,自分が悪いことをすると、目を吊り上げたままにDon't(ダメよ)!と か、Please don't(どうか、しないで)などとたしなめられる体験をします。これも日本語と同じです。

その一方で、get a cold(風邪をひく)、beat a dog(犬をたたく)など、Don'tの後に続く場合は,「ダメなこと。してはいけないこと」の内容を言っているのだと、いつの間にか覚えていきます。

彼 らは日常生活の中で、単語一つ一つではなく、フレーズ(意味ある単位)として自然に言葉を身につけていくのです。これも私たち日本人の子供が言葉を身につ けていくのとまったく似ています。

  Mom: Don't get a cold.
   Mom: Don't beat a dog.

だから、Don'tのフレーズが You must notやYou willに変えて言われても,少なくとも後に続く「風邪をひく」「犬をたたく」という意味は理解できます。

   Mom: You must not get a cold.
     風邪をひいちゃい けないよ
  Mom: You must not beat a dog.
      犬をぶってはいけないよ

  Mom: You will get a cold.
      風邪をひいちゃうよ
  Mom: You will get a burn.
      やけどしちゃうよ

この「オウム返し」を使った英会話学習法を展開したのが「こう聞かれたらこう答える オウム返し英会話学習法」 明日香出版刊です。

ワンフレーズでのオウム返しを基本にして、それを「きちんとした表現」へと展開させていく学習法を公開


 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


 動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)

 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

スポンサードリンク

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました