So-net無料ブログ作成

第5クール 3ヶ月で英語脳構築 77/90 (英語で)私に警察へ行く道を教えてください [どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか]


英語ほど簡単な言葉はない」とひとまとまりの行為・状態論

教育文法やネットで流れているSVOOのしくみについて判で押したこう教えている。
 S   V  O   O
 〜ハ スル 〜二 〜ヲ
みなさんも見慣れた図式だが、このような教え方が日本人を英語を話せなくしている元凶だ。
よく見ていただきたいが,このカナが付されているのは日本文法では、「助詞」と言われるものだ。いわゆる「テニオハ」と言われているものだが、これは日本語特有なものだ。しかし英語は「インド=ヨーロツパ語属」に属している。したがって中国語を初めとしてインド,ヨーロツパを含めて「助詞」がない。つまり彼らの言語では助詞がない分,「語順」ですべてなのだ。
結論を述べたい。「〜ハ スル 〜二 〜ヲ」と分析するのは「英語を日本語に変換する」ための方策に過ぎないをそろそろ知るべきだ。
私はこのブログでしきりに述べているのは、「世界水準の英会話学習」と述べているのはこのことだ。例えば以前このブログで、give a kiss, give a coldといった動詞フレーズを覚えたらそれがgive me a kiss, give me a cold, get me the saltなどに表現展開すると述べた。
それを以下の表現をするために、「する、私に、キスを」とか「うつす、私に、風邪を」とか「とる、私に、塩を」などと翻訳するする必要があるのか?
「キス」は「する」もの、「風邪」は「うつす」もの、「塩」は「とる」ものだが、これは日本語の発想に過ぎない。すくなくとも、日本人以外はそのままフレーズ(意味ある単位)として覚えてしまうのが常識だ,日本人だけがそれができないとは私はまったく理解できない。
 Don't give me influenza 私にインフルエンザをうつさないで  
 She gave me a smile. 彼女は私に微笑みかけました

つまり、当オンライン講座の。「英語でも他の外国語でも『そのまま理解する』ことが重要だ」言葉を変えて言えば、「英語は英語でとらえるべきだ」というのはこのことを指している.

以下は,当講座主教材「イメトレ英語学習法からの抜粋記事だ。

 VOO感覚の動詞フレーズはVO感覚の拡大型だ
単に「~を与える」(VO感覚)というとではなく、与える対象動詞まで表 現するのが(VOO感覚)の動詞フレーズだ。
ただこれらの動詞はは限られ ている。ただし他の誰でもなく「私に」とか「あなたに」と強調したいと きは、到達点を表すものはto me, to youとなり、一方対象を表す表すも のは、for me,とかfor youと表現する。
(1)(到達点タイプ)
 give, lend, hand, send, bring, pass, show, tell, drop ,etc.
 Lend me your pen, please. 
 Lend your pen to me, please. 
 どうかあなたのペンを私に貸してください 
 Tell us your history
 Tell your history to us
 私たちにあなたの話を聞かせてください
(2)(対象 タイプ) 
 buy, make, save, order, cook, find, get, cook etc. 
 Will you please get me the salt
 Will you please get the salt for me
 塩をとっていただませんか? 
 I made her breakfast
 I made breakfast for her
 私は彼女に朝食を作った

ただし、「イメトレ英語学習法」での、ネイティブによる音声はまず動詞フレーズを読み上げ、次に完成文を読みあげている.
 例 give me a hand → Will you please give me a hand
  (ちょっと私に手を貸してくれませんか?)

【一般動詞フレーズ5段活用
give me a hand   私に手を貸す」
=============================
(1) give(s) me a hand    現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形のみで使われる。
(2) gave me a hand     過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形のみで使われる。 
(3) give me a hand     原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) giving me a hand    ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) given me a hand     ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

今回から,「情緒表現」について述べていくことにする。この「情緒表現」は私が名づけたものだが、「事実表現」というものと区別するためだ。
例えば,「ふだん行動を起こしている」とか、「行動を起こした」など、「事実そうした」といった表現だ.
一方、「情緒表現」は以下にとりあげた表現だ。
このことについては,すでにSTEP1でも述べたことだが、要するに以下の3つのタイプがある.
 (1) 助動詞系列のフレーズ
 (2) be動詞系列の動詞フレーズ
 (3) 一般動詞系列の動詞フレーズ

コミニカ英作法
 (1) 彼らは、(今,ふだん)私に手を貸してくれる
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~しない → They don't 
   (2) 私に手を貸す   → give me a hand
   (完成文)  → They don't give me a hand.
   
 (2) 彼らは、(その時)私に手を貸してくれかった
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~しなかった → They didn't 
   (2) 私に手を貸す    → give me a hand
   (完成文)  → They didn't give me a hand.

 (3) 彼らは、(これから)私に手を貸してくれるでしょう
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~だろう → They will 
   (2) 私に手を貸す   → give me a hand
   (完成文)  → They will give me a hand.
 
 (4) 彼らは、私に手を貸してくれるかもしれない
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~かもしれない → They may 
   (2) 私に手を貸す     → give me a hand
   (完成文)  → They may give me a hand.

 (5) 彼らは、私に手を貸してくれようとしている
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~しょうとしている → They are going to 
   (2) 私に手を貸す     → give me a hand
   (完成文)  → They are going to give me a hand.
 
 (6) 彼らは、(今)私に手を貸してくれている
    <~は ドウする文>
   (1) 彼らは、~しょうとしている → They are 
   (2) 私に手を貸す     → giving me a hand
   (完成文)  → They are giving me a hand.
  
 (7) 彼らは、ちょうど私に手を貸してくれたところです ※中3配当
    <~は ユウする文>
   (1) 彼らは、~ちょうどユウする → They have just 
   (2) 私に手を貸した     → given me a hand
   (完成文)  → They have just given me a hand.

 (8) 彼らは、私に手を貸してくれるつもりでした ※高1配当
    <~は ユウする文>
   (1) 彼らは、~つもりだった → They would have 
   (2) 私に手を貸した     → given me a hand
   (完成文)  → They would have given me a hand.

イメトレNo.40】 VOO感覚の動詞フレーズ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
(1) Will you please give me a hand?
  ちょっと私に手を貸してくれませんか? 
(2) 私にお金をいくらか貸していただけませんか? 
(3) 私に手紙をください! 
(4) 私にそれを見せてください! 
(5) Please show me the way to the police station
  どうか私に警察へ行く道を教えてください 
(6) 私に一杯おごってよ! 
(7) 彼女は私に身の上話をしてくれました 
(8) 私に時間を教えていただけませんか? 
(9) 500円硬貨と1000円札と5000冊をください (両替で) 
(10) 頼むよ、助けてよ/チャンスをくださいよ 
※ 文例は、すべてmeを使っているが、meをyouやher, him,themなどに変えて表現して いただきたい I will give you a hand. あなたに手を貸してあげましょう

(11) どうか私に水を一杯持ってきてください 
(12) 彼は私にタクシーを見つけてくれた 
(13) 母は私に手巻き寿司を作ってくれました 
(14) 私にこの質問に答えてください! 
(15) 私にお茶を一杯と、運転手にも一杯持ってきてください! 
(16) 私にケーキを(一片)切ってくれませんか? 
(17) お願いがあるのですが 
(18) どうかカクテルを一杯作ってください 
(19) 私をあなたノルマに乗せていってよ! 
(20) 私に塩を手渡してください

【今日の学習】
次回からPART 3に移ります。

ネイティブの子どもは どのようにして表現を拡大するか? ~5つの動詞フレーズを使って~
動詞フレーズを使いこなす 1 

●単に動詞の変化だけで生きた英語が見えてこない

PART 2 表現の屋台骨を支える動詞フレーズのしくみ
 CHAPTER 3 VO, VOO感覚の動詞フレーズ について ---125
【イメトレ No.31】VO感覚の動詞フレーズ getの動詞フレーズ (1)
【イメトレ No.32】VO感覚の動詞フレーズ getの動詞フレーズ (2)
【イメトレ No.33】VO感覚の動詞フレーズ doの動詞フレーズ
【イメトレ No.34】VO感覚の動詞フレーズ haveの動詞フレーズ
【イメトレ No.35】VO感覚の動詞フレーズ takeの動詞フレーズ
【イメトレ No.36】VO感覚の動詞フレーズ makeの動詞フレーズ
【イメトレ No.37】VO感覚の動詞フレーズ giveの動詞フレーズ
【イメトレ No.38】VO感覚の動詞フレーズ keepの動詞フレーズ
【イメトレ No.39】VO感覚の動詞フレーズ その他の動詞フレーズ
【イメトレ No.40】VOO感覚の動詞フレーズ



私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp


【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円

スポンサードリンク


>
当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2
ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート



スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

際標準の英会話学習法(英語で)あなた、私に新しいバイクを買ってくれませんか? [国際水準の英会話学習法]


ファンクションメソッド オンライン講座語彙力増強サポートプログ

FACE BOOK を本格稼働しています。よろしくお願いします
https://www.facebook.com/taichirou.nakajima
 

今日の学習
「名詞の働き」「形容詞の働き」に引き続き,今回も「動詞の働き」へと学習を進めます。

第3節 動詞の働きとはこんなこと
【ポイント】 動詞フレーズのパターンは5つに分類できる 

【チャート】
 [1] V感覚の動詞フレーズ
   Go right away!
   すぐ出かけろ!
 [2] VO感覚の動詞フレーズ
   I will buy a new bike.
   私は新しいバイクを買うつもりです
 [3] VOO感覚の動詞フレーズ
   I will buy you a new bike.
   あなたに新しいバイクを買ってあげましょう
 [4] VC感覚の動詞フレーズ
   I am happy.
   私は幸せです
 [5] VOC感覚の動詞フレーズ
   Make me happy.
   私を幸せにしてください

●動詞はフレーズとしてとらえなければ言葉として定着・蓄積しない

[3] VOO感覚の動詞フレーズ
VOO 感覚の動詞フレーズとは、動詞(V)が「〜に(O)」「〜を(O)」と2つの目的語と結びつくフレーズです。VO感覚の動詞のうち、例えば、buy a new bike{新しいバイクを買う」を、buy you a new bike「あなたに新しいバイクを買う」と人などを表す目的語を加えて表現するのが、この動詞フレーズです。

(VO感覚)
  I will buy a new bike.
  私は新しいバイクを買います
  I will lend a new bike.
  私は新しいバイクを貸してあげます
         ↓
(VOO感覚)
  I will buy you a new bike.
  私はあなたに新しいバイクを買ってあげます
  I will lend you a new bike.
  私はあなたに新しいバイクを貸してあげます

  Will you buy me a new bike?
  あなた、私に新しいバイクを買ってくれませんか?
  Will you lend me a new bike?
  あなた、私に新しいバイクを貸してくれませんか?

こ こで注目していただきたいのは、この表現で強調されるのはyouよりもa new bikeです。英語発想では、一番後ろの単語が大きな意味をもつことが多いからです。これを「他の誰でもないあなたに」といいうことを強調したいときは、 前置詞のforやtoを使って、以下のように表現します。
  I will buy a new bike for you.
  私はあなたに新しいバイクを買ってあげます
  I will lend a new bike to you.
  私はあなたに新しいバイクを貸してあげます

forは「対象・目的」を表し、toは「到達点」を表します。

(a) (到達点タイプ)
  give, lend, hand, send, bring, pass, show, tell, drop, etc.
(b) (対象タイプ)
  get, make, save, order, cook, find, etc.

■文法を生かして英語表現を■
(a) (到達点タイプ)
 (1) Lend me your pen?, please.
   どうかあなたのペンを私に貸してください
 (2) 私たちにあなたの話を聞かせてください
 (3) 私に手紙をください?
 (4) Lend your pen to me?, please.
   どうかあなたのペンを私に貸してください
 (5) 私たちにあなたの話を聞かせてください
 (6) 私に手紙をください

(b) (対象タイプ)
 (1) Will you please get me the salt?
   塩をとっていただませんか?
 (2) 私は彼女に朝食を作った
 (3) 私は彼らにすき焼きを料理した
 (4) 私に就職口を見つけてください!
 (5) 塩をとっていただませんか?
 (6) 私は彼女に朝食を作った
 (7) 私は彼らにすき焼きを料理した
 (8) 私に就職口を見つけてください!

   以上は「自由に話すためのたったこれだけ英文法」からの抜粋記事です

   自由に話すためのたったこれだけ英文法

以下のアドレスをクリックして「自由に話すためのたったこれだけ英文法」のもくじがご覧になれます。このブログの記事はこの目次に従って配信していきます。
   自由に話すためのたったこれだけ英文法 もくじ

私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているGoogle Chromeのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
 ○参考教材「ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5」HTML版
ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座登録方法
当オンライン講座語彙力増強サポートプログ「国際水準の英会話学習法」の全記事を閲覧可能
受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円
ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売
DL Marketで購入(登録) 手数料込み 
ほとんどのカード利用が可能です。

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp

 スポンサードリンク


>

当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2
ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド英語研究会

 


スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

「瞬間の英作」と「コミニカ中学英語基礎編」その7 (英語で)アメリカを再び偉大にし続けている [「コミニカ中学英語基礎編」]



「瞬間の英作だ」ということ

皆さんは,トランプ大統領の映像に以前は¥の就任演説のWe will make America great againと述べていたことを覚えているてするだろうか。
それが最近ではKeep America greatとなってる。もちろんこれは「アメリカを再び偉大にいるつもりだ」から「アメリカを再び偉大にし続けている、維持している」というだ。
皆さんは以下の彼の就任演説を覚えていると思う。
Together, we will make America strong again.
     S    V   O   C
We will make America wealthy again.
We will make America proud again.
We will make America safe again.
And, yes, together, we will make America great again.
共に「アメリカを強く,豊かに、誇り高く,安全に、偉大にする」との宣言だった。
ひるがえって日本の英語教育ではこれをSVOCの文型だと教えている。しかしこれだと英語の発想を伝えていない。日本語訳を見てほしい。「強く,豊かに、誇り高く,安全に、偉大に」という訳は日本語の発想では「副詞」なのだ。あくまでも英語の発想では「形容詞」なのだ。
私はどうして以下のように教えないのかと不思議に思う。 
 America is great. (アメリカは偉大なんだよ) ※VC感覚 中1配当
その言葉としての基本があって、次のステップに進む。
 Make America great 
 We will make America great ※VOC感覚 中3配当

もうここで、再び以下の英語での表現展開について述べないが,前回のwalk sway[off]という動詞フーズがmake America greatに変わったに過ぎないことをぜひ確認していただきたい。

(1) 我々は、アメリカを偉大にしているか? ※現在形 疑問表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~しているか? ⇨ Do we
  ② 再びアメリカを偉大にする → make America great again
 (完成文 Do we make America great again.
(2) 我々は、アメリカを偉大にしたのか? ※過去形 疑問表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~したか? ⇨ Did we
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 (完成文 Did we make America great again.
(3) 我々は、アメリカを偉大にするでしょう。つもりだ ※未来形
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~かもしれない ⇨ We will
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 (完成文 We will make America great again.
(4) 我々は、アメリカを偉大にした ※現在完了形
    <~は ユウする文>
  ① 我々は もう~した ⇨ We have already
  ② 再びアメリカを偉大にする  → made America great again
 (完成文 We have already made America great again.

以下は情緒表現だ。
(1) 我々は、アメリカを偉大にするかもしれない ※助動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~かもしれない ⇨ We may
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 (完成文 We may make America great again.
(2) 我々は、いつでもアメリカを偉大にすることになっている ※be動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は いつでもすることになっている ⇨ We are ready to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We are ready to make America great again.
(3) 我々は、アメリカを偉大にすることになっている ※be動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~することになっている ⇨ We are supposed to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We are supposed to make America great again.
(4) 我々は、アメリカを偉大にする予定だ、しそうだ ※be動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~するつもり ⇨ We are going to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We are going to make America great again.
(5) 我々は、アメリカを偉大にしなければなにない ※一般動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~しなればならない ⇨ We have to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We have to make America great again.
(6) 我々は、アメリカを偉大にしたい ※ 一般動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~したい ⇨ He wants to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We want to make America great again.
(7) 我々は、アメリカを偉大にすることを願いたい ※ 一般動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~願いたい ⇨We wish to
  ② 再びアメリカを偉大にする  → make America great again
 
(完成文 We wish to make America great again.
(8) 我々は、アメリカを偉大にするつもりだった ※ have動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~つもりだった ⇨ We would have 
  ② 再びアメリカを偉大にしたこと  → made America great again
 
(完成文 We would have made America great again.
(9) 我々は、アメリカを偉大にするべきだった ※ have動詞系列の情緒表現
    <~は ドウする文>
  ① 我々は ~べきだった ⇨ We should have 
  ② 再びアメリカを偉大にしたこと  → made America great again
 
(完成文 We should have made America great again


ファンクションメソッド英語研究会教材販売カート

小学5年生から始めるフォニックスで学ぶ英語の単語 ダウンロード販売
コミニカ中学英語基礎編」ダウンロード販売
「コミニカ中学英語基礎編」音声CD付き郵送販売


スポンサードリンク




 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

Twitterまとめ投稿 2018/05/14 [国際水準の英会話学習法]


スポンサードリンク

nice!(1)