So-net無料ブログ作成

国際標準の英会話学習法 (英語で)私は阿部氏を100パーセント(全面的に)後援(支持)しています [国際水準の英会話学習法]


【国際標準の英会話学習法】Lank-11-back

backの動詞フレーズ
【POINT】
backの意味は、ある対象が存在する位置関係から後退することです。「背中、裏、後ろ」など が動作の中心となります。 この対象がことばの場合は「撤回する」ということに、また「背中を押す」といったことか ら、「後援する パックアップする」などと意味が拡大します。
【派生語】back 名詞 「背、後部、後方」【反意語】front 
 She was backing the automobile.
 彼女は自動車を後退させていた
 I slowly backed my car into the garage.

 私はゆっくりと車をバックさせて車庫に入れた
 I slowly backed my car out of the garage.
 私はゆっくりと車をバックさせて車庫から出した

[PART 1] back down   KEY WORD 「下方」 
[POINT】 「(主張、要求などを)撤回する、後へひく」
(1) It's too late now. I can't back down.
  手遅れだ、もう後へは下がれない

 [PART 2] back out   KEY WORD 「範囲外」 
【POINT】 「後ずさりする、~して外へ出る」 「(約束などから)引き下がる、身を引く
(3) You promised to help. Don't back out now.

  君は助けてくれるって約束したじゃないか、今更引き下がるなよ(約束を破るなよ)

 [PART 3] back up   KEY WORD 「上方・成しとげ」 

【POINT】「後援する、支持する」 「後退する、バックする」
(7) I am backing (up) Mr. Abe one hundred percent.
  私は阿部氏を100パーセント(全面的に)後援(支持)しています

【一般動詞フレーズ5段活用
 back the automobile   自動車を後退させる
=============================
(1) back(s) the automobile  現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) backed the automobile   過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) back the automobile    原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) backing the automobile  ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) backed the automobile  ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み] 4つの基本時制
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 彼女は、(ふだん)めったに自動車を後退させない
   → She seldom backs the automobile. 
 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 彼女は、めったに自動車を後退させなかった
   → She seldom backed the automobile.

 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1)  彼女は、(ふだん)めったに自動車を後退させないだろう
   → She will seldom back the automobile
 (2)  彼女は、自動車を後退させることができない
   → She can't back the automobile.
 (4)[基本4時制の展開](現在進行形) ※現在の継続状態
  (1) 彼女は、(今)自動車を後退させている
   → She is backing the automobile
 (2)  彼女は、自動車を後退させるのが怖い ※動名詞
   → She is afraid of backing the automobile
 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
  (1) 彼女は、めったに自動車を後退させたことがない
   → She has seldom backed the automobile  


このブログでは当研究会による「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版。ENGLISH-TREKKING教材」から多くの文例を引用している。

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は、単にとりあげた文例を丸暗記するべきだと言うことではない。この枠組みを使って以下にあげたフレーズを展開表現をしてほしい。
(1) Back!  
  帰れ, 戻れ!
(2) She was backing the automobile.
  彼女は自動車を後退させていた
(3) 彼は手形に裏書きした
(4) 彼の友人のうちには彼の案を支持する者が多かった
(5) その言い分を裏付ける証拠がない
(6) (彼らは)製本をあまりよくしなかった
(7) 彼女は怒っているイヌから後ずさりした
(8) 私はゆっくりと車をバックさせて車庫に入れた
(9) 彼らの家は私たちの家と背中合わせになっている
(10) あなたは責任から身を引く(を逃れる)ことはできない
(11) 私はゆっくりと車をバックさせて車庫から出した
(12) その本屋は茶色の紙でカバーする
(13) そのドレスは絹で裏打ちされている

[PART 1] back down   KEY WORD 「下方」
[POINT】 「(主張、要求などを)撤回する、後へひく」
(1) 手遅れだ、もう後へは下がれない
(2) 原告は要求を撤回し、正常な取り分を受け取るだけで満足した
(3) 強い反対にあうとすぐに自分の意見を引っ込め始めた
(4) He had to back down from the position he took last week.
  彼は先週に主張したことを撤回しなければならなかった
(5) He backed down on what he said.
  彼は前言を撤回した
(6) I put the car in reverse and backed down the hill.
  私は車のギアを逆にして丘をバックして下った

 [PART 2] back out   KEY WORD 「範囲外」
【POINT】 「後ずさりする、~して外へ出る」 「(約束などから)引き下がる、身を引く」
(1) The security officer was forced to back out at gunpoint.
  警備員は銃を突きつけられて後ずさりで外へ出された
(2) 取り消すには遅すぎます
(3) You promised to help. Don't back out now.
  君は助けてくれるって約束したじゃないか、今更引き下がるなよ(約束を破るなよ)
(4) 彼は土壇場で違約した
(5) 彼らは同意を取り消すかもしれない
(6) 私たちはその売買取引から手を引いた
(7) 彼は最近遭った不運のために、その取引から手を引かなければならなかった
(8) あなたは責任から身を引く(を逃れる)ことはできない

 [PART 3] back up   KEY WORD 「上方・成しとげ」
【POINT】 「後援する、支持する」 「後退する、バックする」
(1) 車を後退させなさい
(2) 彼女は、どうにかこうにかガレージの中へバックで(車を)入れた
(3) あと3フィート下がりなさい
(4) あなたはそれを支持しますか?
(5) あなたは私を支持してくれますか?
(6) 彼の友人のうちには彼を支持する者が多かった
(7) 私は森氏を100パーセント(全面的に)後援(支持)しています
(8) She backed me up at the meeting.
  彼女は会議で私を支持してくれた
(9) アメリカ政府は禁煙運動の後押しをしている
(10) 意見を事実で裏付けなさい!







私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp

【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円



 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

スポンサードリンク




[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

Twitterまとめ投稿 2018/02/12 [国際水準の英会話学習法]


スポンサードリンク

nice!(0) 

第5クール 3ヶ月で英語脳構築 82/90 英会話表現の枠組みその3 [どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか]



英語ほど簡単な言葉はない」と
ひとまとまりの行為・状態論

以下の2つは当講座主教材「イメトレ英語学習法」のPARTは総集編のようなものだ。
今回も英語表現における「表現の枠組」ということに焦点を当て,総集編とはどのようなものか、これについて述べていくことにする。
当オンライン講座は3ヶ月で英語脳構築ができると述べている。つまり簡単に英語は話せるようになると。私が指摘しているのは、教育文法を脱却して英語発想にしたがって英語を学びなおしたらどうかと提案しているのだ。「たった三ヶ月」と言っているのは、皆さんは「曲がりながらも」英語教育と受けている。その知識を三ヶ月の発想トレーニングを経ることによって可能となる。
ちなみに、3つの教材に登場している「ネイティブによる音声」はまず動詞フレーズを読み上げ、次に完成文を読みあげていることだ。
 例 eat well, live well → I am going to eat well, live well 

情緒表現」には3つのタイプがある。
 (助動詞のファンクションフレーズ) 
 (一般動詞系列のファンクションフレーズ) 
 (be動詞系列のファンクションフレーズ) 

しかしこれら3つの基本的な表現はすでにSTEP1、STEP2で学習を終えている。いまさらではないが、(1)の助動詞のファンクションフレーズはともかく、(2)と(3)はそれぞれ一般動詞系列、be動詞の運用だ。つまりそれぞれは過去形や未来形となることが重要だ。
簡単に言えば,willやmustやcanを例にするとそれが可能となる。
 We will 
light it up. → We are going to ight it up. → We were going to〜
 We must light it up. → We have to ight it up. → We had to〜
 We can light it up. → We are able to ight it up → We were able to

 (1) ウイル ライトイットアップ ※We will light it up
   私たちはライトアップするつもりです
 (2) ウイ ハフト ライトイットアップWe have to light it up
   私たちはライトアップしなければならない
 (3) ウイ ワナ ライトイットアップ We want to light it up
   私たちはライトアップするしたい
 (4) ウイ ガナ ライトイットアップWe are going to light it up
   私たちはライトアップする予定です

[2]原形動詞フレーズをVC感覚で使って ●いわゆるbe to~の構文
以下の文には be動詞が使われている。すでに説明したように be動詞 は「存在」を表し、また to が「あるひとまとまりの行為・状態」への 「到達」を表す
つまり次の文では「ミルクを飲む」という行為が到達点 として存在するという意味だ。
 We are going to light it up.
 私たちは存在する (これから)ライトアップする
 → 私たちはライトアップする予定です
 We are to light it up.
 私たちは存在する (これから)ライトアップする
  → 私たちはライトアップすることになっている
しかし,上の文は少し情報量が少ないから、いろいろな意味となってし まう。
そこでこのbe動詞を形容する言葉、たとえば going や sureを用い ると単なる「存在」が限定的な意味となり、それだけ情報豊かな表現がで きることになる
 We are going to light it up
 私たちは進行状態で存在する
 (これから)ライトアップする → 私たちはライトアップするつもりです(意図)
 We are sure to light it up
 私たちは確信状態で存在する
 (これから)ライトアップする  → 私たちは、必ずライトアップします(確信)
このgoingだが、英語の先生がよく「このgoingには"行く"という意味 ではありません」などと教えたり、英語の参考書にも書かれていることが ある。私はこの説明を目にするといつもツッコミを入れたくなる。「誰が goを"行く"と決めたんや!」と。
goには、元々、単にものなどが「動 く」ことを示す意味がある。 My watch is not going[working. 私の時計は動いていません.  だからこの go が、going となって「進行状態になって動く」というこ とになり、ここでは主体が人間なので「心理的な進行状態になる」といっ た意味になるわけだ。  以上にあげたgoing やsureの他に、同じパターンのものがあり、これら を覚えると多様で情報豊かな表現ができるということだ。

[形容詞を使ったもの]
 be certain to ~ きっと~する
 be able to ~ ~することができる
 be likely to ~ ~するようだ、~するらしい
 be unlikely to ~ ~しないようだ、~しないらしい
 be about to ~ ~しようとしているところだ
 be ready to ~ ~する用意ができている
[~ing形を使ったもの]
 be willing to ~ 喜んで~する
 be unwilling to ~  ~する気にならない
 be planning to ~ ~しようと思っている
 be trying to ~ ~しようとしている,試みている
[~ed形を使ったもの]
 be supposed to ~ ~する予定となっている
 be determined to ~ ~することを固く決心している
以上いずれも、to があるので「未来志向」の意味になっていることに注 目してほしい。

●動詞フレーズは変化はたった5つ! 
【一般動詞フレーズ5段活用
 light it up   それをライトアップする」
=============================
(1) light it up    現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形のみで使われる。
(2) lighted it up    過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形のみで使われる。 
(3) light it up    原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) lighting it up   ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) lighted it up    ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
[基本4時制の展開] be動詞系列の展開
[1] 現在形動詞フレーズ (現在の事実・習慣を表す) ※現在形
  We are able to light it up.
  私たち,(ふだん)
ライトアップできます
[2] 過去形動詞フレーズ (過去の一時点の行為) ※過去形
  We were able to light it up.
  私たち,(その時)ライトアップできました

[3] 原形動詞フレーズ (頭に思い浮かべたひとまとまりの行為) ※未来形
  We will be able to light it up.
  私たち,(これから)ライトアップできるでしょう

  
We may be able to light it up.
  私たち,(これから)ライトアップできるかもしない

[4] ing形動詞フレーズ (頭に思い思い浮かべた継続的な行為)

  進行形は無し
[5] ed形動詞フレーズ (頭に思い浮かべた過去の行為) ※現在完了形 経験用法
  We have never been able to light it up. 
  
私たち,今まで一度もライトアップできたことがない

【今日の学習】
ネイティブの子どもは どのようにして表現を拡大するか? ~5つの動詞フレーズを使って~
動詞フレーズを使いこなす 1

●単に動詞の変化だけで生きた英語が見えてこない
CHAPTER0 動詞フレーズを使いこなす
CHAPTER1 原形動詞フレーズを使いこなす
ネイティブは助動詞や不定詞をどうとらえているか?

イメトレ英語学習法」での、ネイティブによる音声はまず動詞フレーズを読み上げ、次に完成文を読みあげている.
 例 have a traffic accident → I was going to have a traffic accident. 

【イメトレNo.45】 原形動詞フレーズを導くファンクションフレーズ(5)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) 私たちはとても忙しくなるでしょう
(2) 私はどんな条件で雇われるのですか?
(3) 彼はダメだろう、死ぬだろう
(4) そのダンスパーティーは土曜日に行われる予定です
(5) あなたは今夜、私の夢に出てくるかい?
(6) 私は明日の朝、それをするつもりです
(7) 今夜、私は外食します
(8) 私は寿司を食べるつもりです
(9) 私たちはまもなく大阪駅に到着いたします
(10) I was going to have a traffic accident.
  私は交通事故を起こしそうでした
※ be going to には、意志や意図を表す場合と、「~しそうだ」と予想・見込みを表す場 合がある。

【イメトレNo.46】 原形動詞フレーズを導くファンクションフレーズ(6)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) 列車が発車するところです
(2) 私はあなたに頼む気持ちはありません
(3) 彼は話そうとするところでした
(4) 食べ物はいつでも召し上がれます
(5) 私はいつでもあなたの力になりますよ
(6) 私、お腹がすきました
(7) 私はさっそく彼らを助けてあげます
(8) Be sure to call on us!
  必ず私のところに寄ってください!
(9) きっと忘れてはいけないよ!
(10) 彼は来るだろうか?
※ be about to ~は、まさに「周囲に存在する」ということで、「~しょうとするとこ ろだ」の意味に。  be ready to は、「用意ができている、準備ができている」ということ。

【イメトレNo.47】 原形動詞フレーズを導くファンクションフレーズ(7)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1) 私は喜んでお手伝いします
(2) 彼は何でも喜んであなたのお手伝いをしようと思っています
(3) 彼は働こうとはしません
(4) 彼はボールを打とうとしていた
(5) How long are you planning to stay here?
  あなたは,どのくらい長くここに滞在するつもりですか?
(6) 私はまともな生活を心がけようとしています
(7) おまえ、やろうてのかい? (喧嘩など)
(8) 私はあなたの会社に伺う予定です
(9) ここではタバコを吸ってはいけないことになっています
(10)  私たちはなんとしても結婚しようと固く決心しています
※ willing や unwilling は、willの ing 形。

CHAPTER2 ing形動詞フレーズを使いこなす ネイティブは進行形や動名詞をどうとらえているか?
CHAPTER3 ed形動詞フレーズを使いこなす ネイティブは受身形や完了形をどうとらえているか?
CHAPTER4 現在形・過去形動詞フレーズを使いこなす ネイティブは現在形や過去形をどうとらえているか?


私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。
もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。 
○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 
○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 
○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 
○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 
○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 
○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 
○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.http://jet2020.blog.so-net.ne.jp
【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧
受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円
ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売
DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円

スポンサードリンク




 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]
当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

 


スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び