So-net無料ブログ作成
検索選択

国際標準の英会話学習法 (英語で)私、ボランティアをしているよ [国際水準の英会話学習法]



【これが国際標準の英会話学習法だ!】


[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
[基本4時制の展開]
(現在形) ※現在の事実・習慣
 (1) 私、(今、ふだん)ボランティアをしているよ
   → I do volunteer work.
 (2) 私、(今、ふだん)ボランティアをしてないよ
   → I don't do volunteer work.
 (3) あなた、(今、ふだん)ボランティアをしてるの?
   → Do you do volunteer work?
 (4) あなた、(今、ふだん)ボランティアをしてないの?
   → Don't you do volunteer work?

英語はとてもシンプルな形をしている。だから英語は世界語となっている。
しかし日本の英語教育では、「英文読解」とそれを支える五文型理論で英語を教えている。
さすが五十数年間、四国に獣医学科を作らせなかった利権まみねれの文科省だけのことはある。「話せるための英語教育」と言われて久しい。
話すための英語の枠組み」を教えないのは日本だけだと考える。
ちなみに、英語は基本的にbe動詞系列と一般動詞系列の二つしかない。今回は一般動詞系列のものをとりあげた。

(過去形) ※過去の事実
 (1) 私、(その時)ボランティアをしたよ
   → I did volunteer work.
 (2) 私、(その時)ボランティアをしなかったよ
   → I didn't do volunteer work.
 (3) あなた、(その時)ボランティアをしたの?
   → Did you do volunteer work?
 (4) あなた、(その時)ボランティアをしなかったの?
   → Didn't you do volunteer work?

(未来形) ※未来の事実
 (1) 私、(これから)ボランティアをするつもりよ
   → I will do volunteer work.
 (2) 私、(これから)ボランティアをするつもりはないよ
   → I won't do volunteer work.
 (3) あなた、(これから)ボランティアをするつもりなの?
   → Will you do volunteer work?
 (4) あなた、(これから)ボランティアをつもりはないの?
   → Won't you do volunteer work?

(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 経験用法
 (1) 私、(今まで)ボランティアをしたことがあるよ
   → I have ever done volunteer work.
 (2) 私、(今まで)ボランティアをしたことがあるよ
   → I have never done volunteer work.
 (3) あなた、(今まで)ボランティアをしたことがあるの?
   → Have you ever done volunteer work?
 (4) あなた、(今まで)ボランティアをしたことがないの?
   → Haven't you ever done volunteer work?

[展開表現-その1]
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、ボランティアをすることができるよ
   → I can do volunteer work.
 (2) 私、ボランティアをすることができないよ
   → I can't do volunteer work.
 (3) 私たち、ボランティアをしなければならないよ
   → We must do volunteer work.
 (4) 彼女は、ボランティアをするかもよ
   → She may do volunteer work.
 (5) ボランティアをしてくださいませんか? ※依頼表現
   → Do volunteer work, will you?
 (6) (私たち)、ボランティアをしましょうか?
   → Shall we do volunteer work?

[展開表現-その2]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) あなたは、ボランティアをするべきだ
   → You are to do volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアをするつもりよ
   → I am going to do volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをすることができるよ
   → I am able to do volunteer work
 (4) 私は、いつでもボランティアをするよ
   → I am ready to do volunteer work
 (5) 私は、必ずボランティアをするつもりよ
   → I am sure to do volunteer work.
 (6) 私は、ボランティアをする予定よ
   → I am supposed to do volunteer work. 
 (7) 私は、ボランティアをする準備ができてるよ
   → I am prepared to do volunteer work.

[展開表現-その3]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私は、ボランティアがしたいよ
   → I want to do volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアがしたかったよ
   → I wanted to do volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをしなければならないよ
   → I have to do volunteer work.
 (4) 私は、ボランティアがしなければならなかったよ
   → I had to do volunteer work.
 (5) 彼女は、ボランティアをするようだよ
   → She seems to do volunteer work.
 (7) 彼女は、ボランティアをするようなの?
   → Does she seem to do volunteer work?
 (8) 彼女は、ボランティアをするようじゃないよ
   → She doesn't seem to do volunteer work.
 (9) 私にボランティアをさせてください
   → Let me do volunteer work.

[展開表現-その4] ※高校1年配当
 (1) (今考えて見ると)ボランティアをするつもりだった
   → I would have done volunteer work.
 (2) (今考えて見ると)ボランティアをするべきだったよ
   → I should to have done volunteer work.
 (3) (今考えて見ると)ボランティアをしたかもしれないよ
   → I might have done volunteer work.
 (4) (今考えて見ると)ボランティアをしたかったよ
   → I wanedt to have done volunteer work.

(ing形動詞フレーズを使った表現 進行形)
 (1) 私は、(今)ボランティアをしているよ
   → I am doing volunteer work.
 (2) 私は、(その時)ボランティアをしてたよ
   → I was doing volunteer work.

(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
 (1) 私は、ボランティアをするが好きよ
   → I like doing volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアをし終えたよ
   → I finished doing volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをするをあきらめたよ
   → I gave up doing volunteer work.

【一般動詞フレーズ5段活用】
 do volunteer work  「ボランティアをする」
=============================
(1) do[es] volunteer work   現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) did volunteer work     過去形動詞フレーズ
※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) do volunteer work     原形動詞フレーズ
※命令形,未来形(助動詞)、to不定詞で使われる。
(4) doing volunteer work    ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) done volunteer work    ed形動詞フレーズ 
※完了形で使われる。 
=============================

○今回の表現の「勘どころ」

今回は、(現在形) ※現在の事実・習慣の表現」で用いる「時表現」をとりあげました。
すべてのフレーズが機械的には結びつきませんが参考にして英文を生産してください。
  

 (1) 私、午前中ボランティアをしているよ
   → I do volunteer work in the morning.
 (2) 私、毎週末ボランティアをしているよ
   → I do volunteer work every weekend.
 (3) 私、週末にボランティアをしているよ
   → I do volunteer work on weekends.

[現在形に用いる時を表すフレーズ]

Group 1 一日のうちの時間帯

    in the morning(午前中)    in the evening(晩)
    in the afternoon(午後)    at night(夜)
    early in the morning(朝早く)    late at night(夜遅く)

Group 2 EVERYを用いた表現
    every day(毎日)    every morning(毎朝)
    every afternoon(毎午後)    every night(毎夜)
    every week(毎週)    every weekend(毎週末)
    every Sunday(毎日曜日)    every spring(毎春)
    every year(毎年)    every other day(1日おきに)
    every three days(3日毎に)

Group 3 ONCE,   TWICE A, THREE TIMES Aなど
    once a day(日に1度)    three times a day(日に3度)
    twice a week(週2度)    eight hours a day(1日8時間)
    five days a week(週5日)    once a year(年に1度)
    how often(何回?)    How many times(時間数、日数)

Group 4 ON+曜日
    on Sundays(日曜日に)    on weekends(週末に)
    on the first of June(6月1日に)

省略



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


 動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)

 動画【ファンクションメソッド電子書籍

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び