So-net無料ブログ作成
検索選択

(英語で)その事は重要ではない, やめておくことにしよう [ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞]





どうして日本人だけが英語を話せない?


ファンクションメソッドは英語を言葉として確実に「定着・蓄積」でき、場面に応じた自由な会話を可能にするメソッドです。日本人が英語を話せない原因は、動詞や補語をフレーズ(意味ある単位)としてとらえようとしないことです。(ひとまとまりの行為・状態論)
外国では常識となってる考え方なのに、なぜ日本人だけがそれをできない?!
当研究会の教材は、すべてこの「ひとまとまりの行為・状態論」によって制作しています

【今日の学習

赤色に表記したフレーズを何度も繰り返して読みその意味を思い浮かべてください。言葉というものは、「意味ある単位」、つまりフレーズで意味が定着、蓄積するものです。
その後に「自由に英語を話すための最短学習プログラム」に進んでください。これが学校では教えてもらわなかった「英語のしくみ」を身につけるための英語脳構築トレーニングです。

あなたも所収全所収全2809の文例に約210分のネイティブの音声に、挑戦しませんか?!

dropの動詞フレーズ
【POINT】
dropの意味は、ものが重力によって落下することです。
ただし、物ばかりではなく、メタフォーとして程度、量、物価などの「落下」も意味します。
類義語であるfallも「落ちる」という意味ですが、これは空気抵抗を受けながら「落ちる」ということで、dropのように垂直落下を意味しません。「木の葉がひらひら落ちる」という場合は、Leaves fall.となります。

  例.A stone dropped. 石が落ちた
    A book fell/ dropped. 本が落ちた

またdropには、「やめる」(=give up)、「(死んで、傷ついて)倒れる」という意味もあります。
【派生語】fall

(5) スピードを落とせ!
(6) 彼はあることをほのめかした[なぞをかけた]
(7) 少女は恥ずかしそうに目を伏せた
(9) その問題は打ち切りにしよう
(11) 去年私は英語を始めたが、ひと月前にやめた
(12) ジャックはジルとけんかして彼女と絶交した
(13) 向こうへ着いたら一筆知らせてくれ!
(14) 彼は(私に)ヒントを与えてくれた
(17) あの曲がり角で私たちをおろしてください!
など、教材には文例が19登場します。

[サクサク瞬間英作トレーニング]
(1) 風はまもなくやむだろう
     drop
(2) 物価は下がった
     drop
(3) その事は重要ではない, やめておくことにしよう
     drop
(4) 彼女の夫が茶わんを落とした
     drop the cup


[解答]
(1) The wind will soon drop.

(2) Prices of commodities have dropped.
(3) The matter is not important, let it drop.
(4) Her husband dropped the cup.

  サクサク瞬間英作トレーニング62動詞編PDF版より抜粋

  ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML版 サンプル

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産
drop the speeddropping the speeddropped the speed
① 現在形動詞フレーズ② 過去形動詞フレーズ
drop(s) the speeddropped the speed
③ 原形動詞フレーズ ④ ing形動詞フレーズ ⑤ ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用 VO感覚(動詞+目的語)親のすねをかじって生活する

※実際のプログラムを省略しています。ご了承ください。
[1] 現在形動詞フレーズ (現在の事実・習慣を表す) 
[2] 過去形動詞フレーズ (過去の一時点の行為) 
  She dropped the speed.
  彼女は,スピードを落とした
[3] 原形動詞フレーズ (頭に思い浮かべたひとまとまりの行為) 
  Will you (please) drop the speed?
  どうか、スピードを落としてくれませんか?
  She will not drop the speed.
  彼女は,スピードを落とすつもりはない
[4] ing形動詞フレーズ (頭に思い思い浮かべた継続的な行為)
  She was dropping the speed.
  彼女は,スピードを落とそうとしました
[5] ed形動詞フレーズ (頭に思い浮かべた過去の行為)
  She has just dropped the speed.
  彼女は,ちょうどスピードを落としたところです

簡単にこのような表現展開ができることが,英語脳構築です。
  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」音声解説付きプロモーション

スポンサードリンク

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

日常英会話必須基本16動詞 動詞haveでこれだけ話せる その1 [ブログ16の動詞でこれだけ話せる]





【なぜファンクションメソッドが脚光を浴びているのか!!】


みなさんは、どうして日本人だけがほとんど英語が話せないという現実を不思議に思ったことはありませんか。
一つの文をどのように日本語に訳すかどうかを教えているのが日本の英語教育です。
日本人に「英語を話すためのしくみ」と「英語ということば(単語)をどのように並べて英語表現とするか」という視点がまったく欠けています。英文は、ファンクションフレーズと補語・動詞フレーズとの順列・組み合わせで成り立っていて、それをどのように組み立てるかが日本以外で普通になされていることです。
英語のしくみは驚くほどとてもシンプルで、今まで述べてきたbe動詞系列とbe動詞以外の動詞である一般動詞系列の二つで成り立っています。
今回は、一般動詞系列の表現展開について述べますが、基本的には別にbe動詞系列の表現展開とほとんど変わりません。逆にbe動詞系列でのbeやbeenなどの変化はないので、一般動詞系列の方がよほど簡単です。

さて、流行語の一つに、「いつやるの? 今でしょう」というものがあるそうです。まずこのdo now、あるいはdo it now「今やる」を使っての表現展開をご覧ください。

[一般動詞 do nowを使っての表現展開]
  Do it now. 今やりなさい
  I will do it now. 今やります 
  You must do it now. 今やらなければならない
  You must not do it now. 今やってはいけない
  You should do it now. 今やるべきです 
  Can you do it now? 今やることができるの?
  You had better do it now. 今やった方がいい 
  You have to do it now. 今やらなければならない
  You have only to do it now. 今やりさえすればいい
  I am going to do it now. 今やるつもりです
  I want to do it now. 今やりたい
  It's hard to do it now. 今やることができない
  It's necessary to do it now. 今やることが必要だ
  It's important to do it now. 今やることが重要だ
  I want you to do it now. あなたに今やってもらいたい

以上黒文字表記したのがファンクションフレーズです。一方以下にあげたのは動詞フレーズです。
これらのファンクションフレーズはすべて中学3年間で登場するものばかりです。これを「助動詞は動詞の原形をとる」「to不定詞はto+動詞の原形」などの説明が「英語を話す」ということからどれだけかけ離れたものかをおわかりだと思います。
一方その枠組みを使って以下のような動詞フレーズが結びつけて表現する、これが「英語を自由に話せる」ということです。

語彙を増強する」ということ。

「まずやる」= do first、「そうやる」= do so、「うまくやる」= do well、「もっとうまくやる」= do better、「もっと努力する」= do much better、「やりすぎる」= do much

ファンクションメソッドによる電子書籍や教材が二色刷りになっているのは、この英語の発想を身につけるためです。一文丸暗記をしようとしないで、まず赤文字で
表記されたフレーズを何度も声を出してその意味をイメージしてください。これが私の言う「イメージトレーニング」、つまり「イメトレ」です

【今日の学習

[haveの動詞フレーズ]
haveの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのhaveの動詞フレーズだけで,合計211の文例が所収されています。

【解説】
haveの本質的意味は「付帯状況」を表す。haveは常に名詞を伴うが、この名詞は目的語と言い、「~を有する」の意味となる。この点において、be動詞が基本的に補語を伴うのとはまったく異なる。
haveが「付帯状況」を表すことによって、beの「存在」、doの「行動・欲求」の三つの基本動詞が英語世界の根底を支えている。

英語の3つの基本動詞(Basic Verbs)
   be 「存在」---------be動詞系列の動詞フレーズ
   have 「付帯状況」---現在完了形
   do 「行動・欲求」---一般動詞系列の動詞フレーズ

特にhaveの主語は人間に限らず、人間以外の生物はもちろん、無生物も主語になりうることが多いということに特色がある。
  A year has 365 days.
  1年は365日あります
  This house has no drain.
  この家は下水が通っていません

● have+名詞のパターンについて
haveを「持っている」と覚えておられる方は多いと思うが、これではhaveを使いこなせない。
例えば目的語が「本」や「お金」であれば、「持っている」ということになるが、「赤ちゃん」なら、「ある」「産む」となったり、「事故」なら「遭う」、「風邪」なら「ひく」ということになる。
私は、haveの意味を「有する」としているのは、「赤ちゃん」「事故」「風邪」も「有する」とおおまかにらえることができると思うからだ。
いずれにしても具体的な動詞フレーズを見ていただいて自分なりのイメージ作っていただきたい。

● haveには進行形にならないものと、なるものがあることに注意
haveには「~を持っている」「~がある」と所有など持続性のある状態を表す場合と、「飲食する」「経験する」「受ける」「被る」といった一回の行為や経験を表す場合とがある。前者は進行形にはならず、後者は進行形となることに注意してほしい。

  Her finger has a ring on it.
  彼女の指には指輪がはめられています
  She is having a good time.
  彼女は楽しく過ごしています

  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

 -
[英語脳構築プログラム] 省略

  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」 プロモーション

スポンサードリンク

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

第3クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 70/90 [どうして日本人だけが英語を話せない?]





【どうして日本人は英語を話せないのか?】



テレビを見ていると日本語を上手に話している外国の人がたくさん出ている。ネットに外国の人たちが日本語を簡単に話せる教本みたいなものがあると紹介されていた。
それは日本語を話す場合、「私は」などとやらずに動詞のフレーズだけを日本語で話すといい、という。
例えば、「私」「日本が好きよ」などと覚えるのだろう。
しかし私たちが受けた教育文法の問え方はどうだろうか。
それは、
「私は」「好きです」「日本を」と、主語+動詞+目的語などと教えていることだ。
これでは英語が言葉として蓄積・定着できるはずがない。それは英文読解のためのものでしかない。
どうして、Like Japan=「日本が好きよ」、Like sushi=「寿司が好きよ」、Like Japanese=「日本人が好きよ」、Like your familyなどととらえようとしないのか?


【今日の学習

CHAPTER 2
 好き嫌いは子どもの最大の興味


● ネコが好きなの? ニンジンは嫌いなの?
子どもは「ネコが好きだ」とか、「ニンジンが嫌いだ」などと好き嫌いがはっきりしている。このような好き嫌いなどの表現も、親など周りの人が子どもに始終聞くから自然と身につくことになる。

  Mom: Kathy, like cats? *上げ調子
    キャシー、ネコが好きなの?
  Kathy: Yes. Like cats.
     ええ、ネコは好きよ

あるいは、「嫌いだ」という意味のhateを使って。

  Mom: Kathy, hate carrots? *上げ調子
    キャシー、ニンジンが嫌いなの?
  Kathy: Yes. Hate carrots.
     ええ、ニンジンは嫌いだよ

この会話も先にあげた Want milkとまったく同じように、子どもがオウム返しをしていることに気づくと思う。そしてこのような土台を元にして、いつの間にかきちんとした表現へと転換していくことになる。

  Mom: Kathy, do you like cats? *上げ調子
    キャシー、あなたはネコが好きなの?
  Kathy: Yes. I like cats.
     ええ、わたしネコが好きよ

一方、日本の英語教育だとどうだろうか。こんな簡単なオウム返しも、とたんに無機的な単語ひとつひとつの説明となってしまう。I, like, catsをそれぞれ主語、動詞、目的語とにわけて文法的に説明することになる。そんなとらえ方では、英語の息づかいはまったく伝わってこない。
多くの生徒たちにとっては、英語は「私は、好きだ、ネコを」といった変な語順になる言葉だとしか残らないし、自分が英語で話そうとする場合も、主語、動詞、目的語を並べる作業でしかなくなることになる。これは言葉の習得としては異常なことだ。

● 動詞フレーズlike catsやhate carrotsを元にして
親は、子どもの成長に従って表現をさまざまに拡大していく。子どもはネコからケーキやスポーツ、あるいは他人など興味が広がるだろう。大切なのは、複雑に
なった表現でもいつでも動詞フレーズが元になっていることだ。この土台があって初めて、その主体がYouと Iの関係だけではなく、第三者や過去や未来にも拡大していくことになる。

  Mom: Kathy, does Tom like cats? *上げ調子
    キャシー、トムはネコが好きなの?
  Mom: Yes, he likes cats.
     ええ、彼はネコが好きよ
  Mom: Kathy, did you like cats (when you were a kid)?
    キャシー、あなたは(子どもの頃)ネコが好きだったの?
  Mom: Yes, I liked cats.
     ええ、私はネコが好きだったよ

もちろんすぐには、likes catsやliked catsにはならないかもしれないが、文法的に間違ってはいても、とにかく自分の意思を通じさせることはできるものだ。

● それでは追体験をしてださい!
このような英語の発想は、ネイティブの子どもなら数年かけて身につけるが、皆さんは一応英語を学んできた人たちだから、今から数分で身につけることができる
と思う。次ページからの【イメトレNo.5】【イメトレNo.6】で、likeとhateの動詞フレーズを使った表現の拡大過程を実際に体験していただき
たい。そのとき、まずは赤文字部分のワンフレーズ表現の意味を頭の中でしっかりイメージすることが大切だ。
そしてこのフレーズを土台にして、黒文字部分(ファンクションフレー*)をつけて表現しよう。ちなみに日本語訳はこのファンクションフレーズをつけた全文の訳となっている。
  *ファンクションフレーズについては後で詳しく説明する P.57参照
また余裕のある人は、例えば、like Australiaという動詞フレーズを元にして、I やsheなど主体(主語)を変えて表現してみよう。

  I like Australia. 私、~好きだ
  She likes Australia. 彼女、~好きだ
  She does not like Australia. 彼女、~好きじゃない
  Does she like Australia? 彼女、~好きなの?
  You will like Australia. あなた、~気に入るよ
  My wife seems to like Australia. 妻は、が好きなようだ

【イメトレ No.5】likeの動詞フレーズ (1)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※イメトレ学習法でのネイティブよる音声は以下のように進むことになる。
学習される方は、まずlook angryなどのワンフレーズ(※赤文字部分)を口に出して表現し、それができてからYouなど英文の生産をしていただくことになる。
もちろん、You don'tとか、You didn'tをつけて否定表現に、Do IとかDid Iをつけて疑問表現、Don't IとかDidn't Iをつけて否定疑問表現への展開はすでにSTEP1で学習しました。
・・・・・・・・・・・・・・
 (1) Do you like Australia?
   あなた、オーストラリアはお好きですか?
 (2) I liked Bill.
   私、ビルのことが好きだったのよ
 (3) Don't you like cake(s)?
   あなた、ケーキはお好きじゃないの?
 (4) She seems to like dogs.
   彼女、イヌが好きそうよ

※(4)のseem to+原形動詞フレーズは、「~のようだ」と「推測」の意味となる。
  原形動詞フレーズとは、原形の動詞で始まる動詞フレーズだ。

【イメトレ No.6】hateの動詞フレーズ
(1) I hate you.
  私、あなたが大嫌いよ
(2) Do you hate big cities?
  あなた、大都会が嫌いなの?
(3) They seem to hate each other.
  彼らはお互いが憎しみあっているようです


このブログは、「ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」に準拠しています。オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となります.
このブログはiOS (iPhone)、Android (Mobile)で閲覧に強いことで知られています。
受講者の方は今までお伝えしたシーサーブログのIDとpasswordを使って使用してください。但し、シーサーブログの記事はそのまま使用していただけます.

 http://jet2020.blog.so-net.ne.jp/

スポンサードリンク








[当研究会からのお知らせ]



当研究会からのお知らせ


ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び