So-net無料ブログ作成
検索選択

動画 悪魔の英文法 これが英語の骨組だ No.18 [ファンクションメソッド英会話動画]


スポンサードリンク




この動画の音声はブログの記事に対応しています。

英語表現を拡大する英語の3つの動的表現を使いこなす!!
~非時制3つの動詞フレーズは英語を動的に表現するための道具だ~

  第1節 原形動詞フレーズを用いた動的表現
      名詞のように使う、形容詞のように使う、副詞のように使う
  第2節 ing形動詞フレーズを用いた動的表現
      名詞のように使う、形容詞のように使う、副詞のように使う
  第3節 ed形動詞フレーズを用いた動的表現
     名詞のように使う形容詞のように使う、副詞のように使う

 第3節 ed形の動詞で始まる動詞フレーズを使いこなす
~ed形動詞フレーズは「頭に描いた過去の映像世界」「頭に描いた受動世界」~
 

---------------------------------------------------------------------

[チャート]
[1] ed形動詞フレーズを名詞のように使って
  [1-1] 目的語(VO感覚)として使う
   I have never spoken English here.
   私はここでは一度も英語を話したことがない

[2] ed形動詞フレーズを形容詞のように使って
  [2-1] 限定表現として使う
   She is an invited guest.
   彼女は招待客です
 ☆ [2-2] 叙述表現(補語・VC感覚)として使う
   She is sometimes invited to the party.
   彼女は時々パーティーに招待される
 ☆ [2-3] 叙述表現(補語・VOC感覚)として使う
   I heard English spoken.
   私は英語が話はなされているのを耳にしました

[3] ed形動詞フレーズを副詞のように使って
   Invited to the party, she was pleased.
   パーティーに招待されたので、彼女は喜んだ
---------------------------------------------------------------------
[2-2] 叙述表現(VC感覚)として使う

  (疑) From China? → (肯) From China. → (否) Not from China.

  (疑) Made in China? → (肯) Made in China. → (否) Not made in China.
  (疑) Interested in TPP? → (肯) Interested in TPP. → (否) Not interested in TPP.
  (疑) Trusted by him? → (肯) Trusted by him. → (否) Not trusted by him.

  This (pork) is from China.
  This (toy) is made in China.
  I am not interested in TPP.
  Was Mr.Hatoyama trusted by President Obama?

 ●教育文法での説明 受身形とは「be動詞+過去分詞」
  This (toy) is made in China.
  I am not interested in TPP.
  Was Mr.Hatoyama trusted by President Obama?

【be動詞フレーズ5段活用】
 
be bitten by a dog 「犬に噛まれる」
=============================
(1) (am, are, is) bitten by a dog  現在受身形
(2) (was, were) bitten by a dog   過去受身形 
(3) be bitten by a dog  未来受身形
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) being bitten by a dog  現在[過去]受身進行形
※進行形や動名詞で使われる。
(5) been bitten by a dog  現在完了形受身形
=============================

このパターンはすでに第2章第6節に登場した受身形です。そこでは6つの時制転換などを学習しましたが、ここではもう少しくわしく説明しておきましょう。
まず、受身形となるのは動詞フレーズに目的語が含まれており、それが主語として表現されるのが基本です。そのことを個別にとりあげます。

(a) VO感覚の動詞フレーズの場合
  Bill makes breakfast. (能)
  ビルは朝食を作る
  Breakfast is made by Bill. (受)
  朝食はビルによって作られる

(b) VOO感覚の動詞フレーズの場合


(c) VOC感覚の動詞フレーズの場合


(d) Two Word Verbsの動詞フレーズの場合
ここでも目的語が主語となって表現されます。例えば、laugh at me(私をあざけり笑う)ということから、主体をIにしてI am laughed at(私はあざけり笑われる)ということになります。
  Everyone laughs at me. (能)
  みんなが私をあざけり笑います
  I am laughed at by everyone. (受)
  私はみんなにあざけり笑われます
  Everyone makes fun of me. (能)
  みんなが私をからいかいます
  I am made fun of by everyone. (受)
  私はみんなにからかわれます

(f) 命令文の受身形の場合


(g) 行為者が一般的なものの場合

(h) 情緒動詞(will, may, must, canなど)が受身形と結びつく場合
 be+ed形動詞フレーズという原形動詞フレーズが結びつきます。

  My wife will break this computer.  (能)
  妻はこのコンピュータは壊すだろう
  This computer will be broken by my wife. (受)
  このコンピュータは妻によって壊されるだろう

■文法を生かして英語表現を■
 (1) She may be scolded by her mother.
   彼女は母親に叱られるかもしれない
 (2) The order must be canceled.
   その注文はキャンセルされるに違いない


【be動詞フレーズ5段活用】
 be scolded by her mother  「母親に叱られる」
=============================
(1) (am, are, is) scolded by her mother  現在受身形
(2) (was, were) scolded by her mother   過去受身形 
(3) be scolded by her mother  未来受身形
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) being scolded by her mother  現在[過去]受身進行形
※進行形や動名詞で使われる。
(5) been scolded by her mother  現在完了形受身形
=============================

(i) by ~以外の前置詞を用いる受身形の場合
受身形では、基本的に「by~」で行為者を表しますが、by以外の前置詞を使う場合があります。

■文法を生かして英語表現を■
 (1) I was surprised at the news.
   私は、その知らせに驚きました
 (2) You are known to everyone.
   あなたは、みんなに知られています
 (3) What is made of?
   これは何でできていますか?


[2-3] 叙述表現(VOC感覚)として使う
ここで登場するのは、目的語の状態を~ed形動詞フレーズによって補って説明する表現です。つまり「私はあなたを見た」ということですが、「あなたは彼女か
ら電話をもらう」という受身状態を表しています。この文にはbe+ ed形動詞フレーズ(受身形)の文が発想の基本となっています。

  I found a woman dead. ※ 目的格補語が形容詞
   V O   C
  私はある女性が死んでいるのを見つけた
     A woman (was) dead.
        V   C
     ある女性が死んでいた

  I found a woman dying. ※ 目的格補語がing形動詞フレーズ
   V O   C
  私はある女性が死にそうなのを見つけた
     A woman (was) dying.
        V   C
     ある女性が死につつあった

  I found a woman injured. ※ 目的格補語がed形動詞フレーズ
   V O   C
  私はある女性が怪我をしていたのを見つけた
     A woman (was) injured.
        V   C
     ある女性が怪我をしていた

  I saw you scolded by Mom.
   V O   C
  私はあなたがお母さんに叱られているのを見たよ
     You were scolded by Mom.
        V   C
     あなたがお母さんに叱られていた

目的語の主体は人ばかりではなく、物の場合もあります。
  I had my tooth pulled.
     My tooth (was) pulled.  歯が抜かれた
  私は歯を抜いてもらいました
  I had my purse stolen.
     My purse (was) stolen.  財布が盗まれたよ
  私は財布を盗まれました
  I got my leg broken.
     My leg (was) broken.  脚が折られたよ、折れた
  私は脚が折れました

ただしこのようなパターンになる動詞は限られています。日常よく使われるのは例文のhaveを始めとして、get,want,leave,hear, keepなどがあります。ちなみにhaveでなくgetを使うと、「どうにかして~してもらう」といった意味となります。

■文法を生かして英語表現を■
 (1) I had my car badly damaged.
   私は、車をひどく傷つけられました
 (2) He asked me to have his picture taken.
   彼は私に、写真を撮ってもらいたいと頼みました
 (3) Have you got your arm broken?
   あなたは、腕を折ったのですか?


---以上-----

電子書籍「自由に話すためのたったこれだけ英文法」より転載
      電子書籍「自由に話すためのたったこれだけ英文法」 PDF

      ファンクションメソッド独習テキストHTML版 サンプル

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


 動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)

 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。