So-net無料ブログ作成

動画 悪魔の英文法 これが英語の骨組だ No.07 [ブログ16の動詞でこれだけ話せる]


スポンサードリンク



この動画の音声はブログの記事に対応しています。

英語表現を拡大する英語の3つの動的表現を使いこなす!!
~非時制3つの動詞フレーズは英語を動的に表現するための道具だ~


  第1節 原形動詞フレーズを用いた動的表現
      名詞のように使う、形容詞のように使う、副詞のように使う
  第2節 ing形動詞フレーズを用いた動的表現
      名詞のように使う、形容詞のように使う、副詞のように使う
  第3節 ed形動詞フレーズを用いた動的表現
     名詞のように使う、形容詞のように使う、副詞のように使う

 第1節 原形の動詞で始まる動詞フレーズを使いこなす
~原形動詞フレーズは「頭に描いた映像世界」~
 

[チャート]
---------------------------------------------------------------------
[1] 原形動詞フレーズを名詞のように使って

  [1-1] 命令形とは
    Speak English.
    英語を話しなさい
  [1-2] 主語として使う
    To speak English is easy.
    英語を話すのは簡単です
    It is easy to speak English.
    英語を話すのは簡単です
  [1-3] 目的語(VO感覚)として使う
    Will you (please) speak English?
    英語を話していただけませんか?
    I want to speak English.
    私は英語を話したい
  [1-4] 叙述表現(補語・VC感覚)として使う
    My wish is to speak English.
    私の願いは英語を話すことです

[2] 原形動詞フレーズを形容詞のように使って
  [2-1] 限定表現として使う
    I don't have a chance to speak English.
    私には英語を話す機会がありません
☆  [2-2] 叙述表現(補語・VC感覚)として使う
    You are to speak English.
    あなたは英語を話さなければならない
    I am going to speak English.
    私は英語を話すつもりです
☆  [2-3] 叙述表現(補語・VOC感覚)として使う
    I want you to speak English.
    私はあなたに英語を話してもらいたい
    I tell you to speak English.
    私は、(ふだん)あなたに英語を話すように言っている
    I heard her speak English.
    私は彼女が英語を話しているのを聞きました
    Let me speak English.
    私に英語を話させてください
---------------------------------------------------------------------
[2-2] 叙述表現(補語・VC感覚)として使う

 cf. 形容詞その2つの用法
  (1) She is a pretty girl. 限定用法
  (2) She is pretty. 叙述用法(主格補語、VC感覚)

これは文法では「be to+動詞の原形」とされ、「命令、予定、義務などを表す」とされていますが、ここでもto+動詞のフレーズとしてとらえること、また be動詞は「存在」を表し、「(これから~に向かっての存在だ」ということです。

  You are to stay here. (命令)
  あなたはここにいなさい
  We are to meet her. (予定)
  私たちは彼女ら会う予定です
  You are to obey my instructions. (義務)
  あなたは私の指示に従わなければならない

●be動詞を飾ることばを加えると限定的な意味に

  We are to meet him tomorrow.
  私たちは明日彼に会う予定です

もちろんbeは「存在」を表し、to+原形動詞フレーズで「これから」と「未来の意味」を表しますが、このbe動詞を飾るgoing、supposed, sureなどのことばを加えると限定的な意味となります。be goingは、主体の進行的な心理を表し「~する予定だ」、be supposedは「予定されている存在だ」、be sureは「確かな存在だ」などの意味を表します。

  We are going to meet him tomorrow.
  私たちは明日彼に会う予定です
  We are supposed to meet her tomorrow.
  私たちは明日、彼女に会う予定です
  We are sure to meet her tomorrow.
  私たちは明日、きっと彼女に会います

このような「be動詞+形容詞(語)+to+原形動詞フレーズ」の多くは、surelyやreluctantlyなどの副詞を使った表現でもできます。以下の2つの文を比べてください。

  I'll buy some cakes surely.
  I am sure to buy some cakes.
  私はきっとケーキを買います
  He'll lend me the money reluctantly.
  He is reluctant to lend me the money.
  彼はいやいや私にお金を貸してくれるでしょう
  I'll help you willingly.
  I am willing to help you.
  私はよろこんであなたを手伝います

ここで共通しているのは、be+形容詞(語)で、心理的な状態まで表していることです。まずこう宣言して、to+原形動詞フレーズでその行為や状態を表すことになります。加えてこれらbe動詞を使った表現は何度も述べている「動詞を軽くする表現」の一つと言えます。

  I am sure to ~     確信している状況
  He is reluctant to ~  いやいやな状況
  I am willing to ~    すすんで~しようという状況

このようなパターンで用いられる形容詞(語)は以下のようなものです。

  able, unable, apt, inclined, liable, ready,
  willing, reluctant, quick, slow, glad,
  sure, certain, likely, etc.

■文法を生かして英語表現を■
 (1) I am unable to drink beer.
   私はビールが飲めません
 (2) Are you ready to order?
   ご注文はお決まりですか?
 (3) I was about to go out when he called on me.
   私が出かけようとしているときに彼が訪ねてきた
 (4) It is likely to rain.
   雨が降りそうです


[2-3] 叙述表現(補語・VOC感覚)に使って
VOC感覚とは、文の中でOが主語、Cがその補語となるパターンです。このパターンではVC感覚の動詞フレーズが表現の基本となっていることもすでに指摘しました。P63の[5]VOC感覚の動詞フレーズを参照のこと

  I will make you happy.
      V  O  C
        You are happy. あなたは幸せです
  V  C
  私はあなたを幸せにします

上の文のhappyは形容詞ですが、これを動的な表現にするためにto+原形動詞フレーズを用いたものが、以下の文です。

  I want you to be here.
    V  O  C
      You are to be here. あなたはここにいなさい
        V  C
  私はあなたにここにいてもらいたい

これらのパターンをとる動詞は以下のものです。
  tell, ask, get, order, expect, want, wish, help, etc.
  *hopeがないことに注意してください。

■文法を生かして英語表現を■
 (1) I wish you to work harder.
   私はあなたにもっと一生懸命にはたらくように願います
 (2) My mother told me not to go out.
   母はは私に外出しないように言いました
 (3) Ask him to help me.
   彼に私を手伝ってくれるように頼んでください


●使役動詞、感覚動詞も同じパターンとなる
情緒動詞はtoなしに原形動詞フレーズを導きますが、これと同じようにtoなしにVOC感覚で使われる動詞があります。
まず使役動詞とは、have, make, letなど「~させる、~してもらう」といった意味の動詞で、VOC感覚とります。

  Let me have a look.
  V  O  C
  私に見せてください

 (使役動詞) 
  let, make, have, help(米語). etc.

3つの使役動詞には以下の意味の違いがあります。
  make--強制(無理矢理、積極的に働きかけて、「~させる」
  have--働きかけて(頼んで)、「~してもらう」意味は中立的
  let--人がしたいから、許可して「~自由にさせる

■文法を生かして英語表現を■
 (1) Please let me get by.
   どうか私を通してください
 (2) Please have the porter take my suitcase.
   どうかボーターに私のスーツケースを運ばせてください


一方、知覚動詞とは、see(見る), watch(見つめる), hear(聞こえる), fee(感じる)などの意味を持つ動詞です。
  I saw a dog cross the street.
   V  O   C
  私は犬が道路を渡り終えるのを見た

 (知覚動詞) 
  see, watch, notice, hear, feel, find, etc.

■文法を生かして英語表現を■
 (1) I saw a dog cross the street.
   私は犬が道路を渡り終えるのを見た
 (2) I saw her smoke.
   私は彼女が煙草を吸うのを見ました

---以上-----
電子書籍「自由に話すためのたったこれだけ英文法」より転載
      電子書籍「自由に話すためのたったこれだけ英文法」 PDF

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村

スポンサードリンク

 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞


 動画
 ☆ファンクションメソッドオンライン講座(教材)

 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。